Entries

あまりにも鬱すぎる能美編、ようやく完結。だが、ポイント全損退場者となった者の末路は、まさに衝撃の一言だった!! アクセルワールド 最終第24話『Reincarnation:再生』

 絶体絶命の危機に陥るハルユキ&タクムだが、そこに救世主が♪
 その人はなんと、沖縄に修学旅行中の黒雪姫 でした。
 意外な人の登場により、戦いの流れは大きく変化♫
 彼女は、妨害をして能美を助けてるブラックバイスの相手を行う事で妨害の心配がなくなり、ブラックバイスの攻撃で倒れていたハルユキも必死に立ち上がる!!!
 お前は間違ってたんだ。
 全部、最初からさ!!!

 能美がもし、中学に入学して自分たちと会った時に「はじめまして」と言いながら、卑怯な事をせずに正々堂々と対戦を申し出れば、本当の意味で仲間になれたし本当に得たい物を得る事ができたのだ。
 しかし、今となっては━━━━ それはもう無理になった!
 でも、それは能美も同じでして、仲間に『入れてやる』と歪んだ思いをしながら断固拒否の上、自分とハルユキどちらかの飛行能力者は2人もいらないとばかりに、この場で最期の決着をつけようと襲いかかってくる。

追記を表示

能見との生か死かの最終決戦開始!勝てば『ブレインバースト続行』確定、負ければ『強制アンインストール』退場だ!! アクセルワールド 第23話『Consolidation:絆』

 ついに、能美を完全に追い詰めたハルユキ。
 もちろん、能美とのラストバトルについて伝えようと、タクムを呼んだのですが……なぜか隣にチユリが!!
 どうやら、ハルユキたちと直接逢って「能美を裏切る」と言う事や、そうやって信用させてから、同時に無制限フィールドにダイブして能美をヒールする様にと言われたそうな。
 でも、今までの行為から考えても、今更ながら事実を話しても説得力ないと思ってる彼女は、本当の事を言って、2人に頼もうと思って参上したそうです。
 それは―――― 自分も連れてってほしい という要望だった。
 無論、ここで2人に拒否されようとも、2人が来るまで加速世界で何年でも待つと
 彼女の言葉に、今までブレインバースト自体を否定していたはずのチユリが、なぜここまで積極的になってるのかと困惑気味になるハルユキ。
 でも、タクムは、すぐに了承。
 前に自分が、黒雪姫を襲撃した上にハルユキと戦ったあの時、ハルユキは最後まで自分を信じてくれた。
 だからこそ、タクムは、チユリを信じる事にしたという。
 タクムの言葉に、チユリの目から涙が零れ落ちてくる。
 ハルユキも、チユリの事を信用し、3人一緒で決戦場に行く と決心しました。

 一方の能美も、完全決着を執り行う為、かなりヤバイところに自ら足を運び ある品 を手にしておりました。
 あえて、ここで書かせてもらいました【単に忘れてただけですが】

追記を表示

ついに掴んだ『完全復活の道』への手がかり。そしてついに、巨悪の中学1年生を追い詰める決定的な証拠をゲットしたど~♫ アクセルワールド 第22話『Determination:決意』

 マッチングリストに出てこない者の名は、ラストジグソー。
 無論、名前からして能美の可能性はないものの、同一の力を持っているのは事実!!
 だが、その証拠を得るには、直に対面をしないといけない のだ。
 そこで、メイドさんが思いついた策は―― ハルユキを囮にして敵を誘き出すという、少しキツめの策。
 メイドさんは、自分のバーストリンカーであるブラックレパードと、ハルユキのシルバークロウが誘い込みの為のデュエルを行い、飛行アビリティを喪失したシルバークロウに勝てるかもと踏んだラストジグソーが仕掛けてくるのを迎え撃つって感じで待ち構える事に!!
 ただし、この作戦では、敵が心意を使用してこないうちは、ハルユキも心意を使用するな という条件が突きつけられる。
 なんでも、心意システムというのは、絶大な力を引き出す代わりに 心の闇が少しずつ引き寄せる というリスクがあるというのだ!!!!
 それはまさに、希望と絶望が表裏一体という感じである事を示してるそうな。
 まっさか、心意システムにそんなリスクがあったとは思わなかったな。
 だから、スカーレットレインは、心意が使えるにも関わらず、クロムディザスター&イエローレディオ戦では、強化外装中心で戦ったのか。
 レベル9のレギオンの王たちは全員、強大な武器と力の上に心意が使えるというところだろうな。
 希望を見出したいと思ってるハルユキには、飛行アビリティが戻ってきても、まだまだ険しい道のりっす!!!

追記を表示

実は『心意』って言葉は、バーストリンカーがリアルで使う事自体が超禁句に等しいくらいの爆弾発言でした!!! アクセルワールド 第21話『Insurrection:反逆』

 すっかり、盗撮野郎という扱いを受けてしまったハルユキ。
 メールを見たタクムからしたら、とてもやりきれない様子だった。
 もちろん、タレこんだのは 能美しか考えられない。
 タクムも証拠もないのに犯人扱いにする者に怒りを感じていたので、ハルユキは今まで黙ってた盗撮事件の内容やあの写真の中にウイルスが入ってた事を彼に伝えました。
 無論、直接会話は危険なので、直結をしての会話 になりますが。

 バスに乗って目的地へ向かう2人。
 タクムも、自分がハルユキに送付したファイルが大きすぎた割に気づかなかった事や無意味にハルユキを殴ってしまった失態を悔いまして、なんとバスにほかの人たちが乗ってるにも関わらず、彼の手をとって殴る様に求めてきました!!!!
 直結での会話なんだけど、ジェスチャーが直結でのラブラブ告白と間違えられても仕方ないっすって!!!
 ハルユキは、誤解がない様にと、自らの口で謝罪する事を伝える。
 それはもちろん、チユリからタクムに言わない様にと、今まで口止めされてた事です!!!
 とりあえずは、具体的に何を見たのかは答えない様にするといってくれました。

 そんなハルユキが前に連絡をしてたのは、赤の王のユニコ。
 もちろん、タクムと一緒にリアルでの相談という事になりまして、ユニコもおいしいケーキを条件に承諾♪

追記を表示

3週間ぶりのハルユキたちの絶望的展開。タクムもついに心意の領域へ突入し、第1期???最後の戦いへ向かい始めてきました!!! アクセルワールド 第20話『Domination:支配』

 まさかのチユリの裏切り行為に驚きを隠せないハルユキ&タクム。
 これにより、能美のダスクテイカーは完全完治。
 ハルユキは、チユに何をした!と怒り心頭。
 でも、それ以上に激怒したのが、タクム。
 チユリを泣かせたと冷静を欠くくらいに激高し、ダスクテイカーに攻撃を仕掛ける。
 だが、これでは、心意を操る能美の思う壺。
 懐に飛び込んだわずかの刹那に、ダスクテイカーは心意の力で、シアンパイルの全身をバラバラに解体&破壊をしてもうた!!!
 これには、さすがのチユリも悲鳴を上げてしまう(オイオイ
 しかも能美は、バラバラになって敗北したシアンパイルの頭を足で踏みつけ、最低の高揚感に浸りまくり。
 ダンゴムシとか、知的な人かと思ったとか、とにかく小林沙苗さんの悪役ボイスがあまりにもGJすぎる☆彡
 ハルユキも、怒りを露わにしたその時、彼の心に謎の声が聞こえてくる。
 ナラバ、コワセ!
 スベテヲ、クラエ!!!!!

 怒る彼は、すぐさまその声を受け入れてしまい、紅く燃える様な禍々しいくらいの力を発動。
 もはや、ハルユキがやってるとは思えないくらいの無慈悲すぎる暴力を、ダスクテイカーにぶつけてくる。
 消えろ、能美!!!
 オレの前から、いなくなれぇーーー!!!

 まさかすぎるくらいの暴力に、先程まで優越感に浸っていた能美も窮地に陥ってしまう。が同時に、ハルユキ自身の肉体に、何か禍々しいオーラみたいなのが絡み付いてくる!!!
 もはや、単なる暴力行為にしか見えない内容に、チユリは涙ながらに「もうやめて!!」と訴える。
 しかし、その声はハルユキにはほとんど届かず―― ってところへ、デュエルのカウントダウンがゼロになり、ハルユキたちはリアル世界に自動的に帰還しました。

追記を表示

沖縄編後半戦開幕。旧知の仲との対面なんだけど、敵は今後の展開に影響満載の戦いへと直行しそうな予感ありっす!!! アクセルワールド 第19話『Revolution:変遷』

 琉花と真魚の親戚&師匠にして、旧知の仲であったクリムゾンキングボルトことクリキンと再会した黒雪姫。
 どうやら、彼の両親が離婚した影響で、この沖縄にやってきたそうっす。
 しっかし、この沖縄は東京と違って、バーストリンカーとかブレインバーストとかの縁が圧倒的になさすぎる場所だったので、さすがのクリキンも凹んでもうたそうな。
 今は、親戚の琉花の自宅に居候しているそうで、究極の賭けであるコピーインストールを、まずは琉花に行って成功した後、自分が持ってるポイントを進呈してレベル4にしたという。
 さらに、真魚もコピーインストールの賭けに勝利し、今や3人でバーストリンカーをやってるそうです。
 無論、周りに敵があまりいないので、エネミー狩りが生命線になってるそうな。
 ところが最近、そのエネミーを狩るというニーズベッグというレジェンド級巨大エネミーが出現していて、現に彼女らがいる地点の近くにそれが出現をしてきたのだ!!!!

 圧倒的な大きさのエネミー登場に、クリキンはすぐさま2人を連れてホテルのリーヴポイントまで移動してほしいとお願いをする。
 単なるエネミー級ならば、協力プレイでいいかもしれないが……ただし、このエネミーは、誰かに飼われてるそうだ!!
 しかも、何度もマッチングリストを拝見して、そこに名前が出現しないのだ!!!!

 まさに不思議すぎる現象が発生しているのは事実。
 そこで、情報収集&一太刀浴びせる為、ブラックロータスがしんがりを務める事に。
 するとクリキンも、彼女に変化がないって事で、一緒に戦う事にしました。
 相手であるニーズベッグの頭の上に乗ってるのは、サルファポット というバーストリンカー。
 会則とか言いながらも、しっかりと自らの名を名乗っちゃいました。
 しかも、中の人も、少し久しぶりの檜山さんっす(≧▽≦)人類は衰退しました!!

 サルファポットは、どうやら、本物のバックドアプログラムそのままを使用せず、それに類似するチート技術を利用して東京からダイブしてきているというのだ!!!!
 その者が利用しているのが、辺境ファーミング実験。
 プログラムを利用して、地方の低級エネミーの狩場を行うつもりらしい。

追記を表示

東京では鬱展開真っ盛りなんだけど、沖縄の修学旅行先は極楽気分満載……って空気じゃありませんでしたわ!! アクセルワールド 第18話『Invitation:挑戦』

 前話のラストで衝撃的すぎる展開で終わったアクセル・ワールド第17話。
 ハルユキたちがえらい状況に陥ってる頃、修学旅行を堪能している黒雪姫はといえば、ハルユキから楽しんで来る様にと薦められた事もあって、同級生の若宮 恵と一緒に修学旅行を、別の意味で堪能してました。
 しかも、修学旅行が終わるまで 後5日 もあります!!!!
 でも、恵から見ると、去年の秋にハルユキと出会うまでは、迷子になってるみたいな表情をしていたそうで、しかも再び、東京ではなく、本当の黒雪姫がいる『ここではない世界』へ戻りたがってるのかもしれないと思ってました。
 そんな彼女から黒雪姫へ、すばらしきサンオイルの世界を進呈しちゃいました☆彡


 宿泊ホテルの自分たちの部屋に戻ってきた黒雪姫と恵。
 さすがにやりすぎたと謝罪する恵だけど、なんでも『別の世界の感覚』というのが、自分にもわかるからと思わせぶりな発言を元気よく告白をして、黒雪姫を少しばかし驚かせました。

 なぜ、彼女がそういう事を言ったのか!?
 彼女は昔、とっても大好きだった本があったそうで、夢中になって読んでた程だったそうな。
 リアル世界ではとても味わえない、新しい出会いや冒険がたっぷりあった
 ところが、いつの間にか大好きだった本をなくしてしまい、さらにはその本のタイトルも内容も、綺麗さっぱり忘れてしまったそうだ。
 でも、その本の1ページ目には“その先を読み進める為の呪文”が書かれているそうで、それを思い出さない限り、本の内容を思い出す事ができないかもしれない。
 それが、恵にとっての“もう1つの世界”
 しっかし、文芸部に入ったまではいいが、内容を思い出す事ができないという。
 なんかこれだけでも、かなり意味深すぎるお話って感じがしますね。
 まさか、これが最終盤でのフラグになるのかな???

 恵と一緒に市街地に出てみた黒雪姫は、ハルユキの事を思い出しプレゼントを購入しようとするが、恵の方は待ち人来たらない状態。
 そこで黒雪姫は、サプライズプレゼントとして、お互いの為に何か1つお土産を購入し、それを学校で交換し合うという提案を出しまして、恵は躊躇すらなく提案を引き受けました(≧▽≦)
 今から別行動をとって、30分後の午後4時にホテルの前で待ち合わせという約束を取り付けて―!

 恵と別れた黒雪姫も、すぐさま買い物を執り行い始める。
 だがその直後、まさかのデュエルが発生!!!
 古城ステージでの戦いになるけど、自分が知ってる雰囲気とは少しばかし違うものだった。
 そんな黒雪姫ことブラックロータスと戦うのは、2人のバーストリンカー。
 ブルーっぽい色とピンク色のデュエルアバターを持つ、沖縄弁全開の地元っ子2人との対戦になるんだけど、東京以外にバーストリンカーがいるとは予想すらしてなかったみたいで、この対戦を楽しみに引き受ける。

 ブルーっぽい色のデュエルアバターの子は、沖縄空手を嗜んでるレベルでなかなかの腕前。
 リアルだったら、黒雪姫を圧勝するのは確実ですが……ブレインバーストの世界では、天地以上の差を痛感させられるくらいのもので、黒雪姫の一撃で終了しちゃいました。
 でも、格差をものともしない気合だけは、黒雪姫も認めるところっす☆彡

 一応の戦いが終わり、互いの健闘を称えると……2人のバーストリンカーは、その腕前を見込んで話を聞いてほしいとお願いを申しまして、話程度ならばという事で、リアル世界に戻ってから近くの喫茶店で1分後に会おうと有無問わずの約束を取り付けてログアウトしていきました。

追記を表示

事実を知って苦しむ友の為に、タクムも参戦!あとわずかのところで、1つの天使が状況を地獄絵図へと変貌する!! アクセルワールド 第17話『Fragmentation:分裂』

 あなたに“翼”をあげましょう――!
 スカイレイカーから、強化外装『ゲイルスラスター』を借り受けたハルユキ。
 今の彼ならば、自分が届かなかった高みにまで羽ばたけるはずだと感じたスカイレイカーは、リアルでハルユキと対面すると、かつて己の愚かさゆえに絆を喪失してしまったが、彼にはそんな過ちを犯してほしくないし本当に守るべき者の為に戦ってほしいと助言。
 これによって、ハルユキも精神的にも立ち直り、今度こそ己の力で飛翔できたら、今度こそレイカーの翼をお返しに参ると約束しました。

 しかし、学校へ登校して教室へ入ると、哀れむ様な表情を浮かべるチユリと、微妙な表情を見せるタクムの姿が!!!
 これを見て一瞬、不安な気持ちになってしまうハルユキだが、不安な気持ちと嫌な気持ちにさせてしまったチユリとタクムに心の中で謝罪をした上で、このケジメは自分が着けるとばかりに、翼が戻らない事があろうと、能美のダスクテイカーを倒すと誓うのでありました。


 お昼休みになり、タクムはそのまま席を離れ、チユリは友達に誘われて教室を後にする。
 教室に1人残ったハルユキは、能美がマッチングリストにも掲載されてない謎を考えてみる。
 そんな折、謎のダイブコールがハルユキの元に送信されたので、ダイレクトリンクをする。
 その主は 黒雪姫から でして、とても綺麗な浜辺のビデオカメラ映像をスクリーン形式にしてのボイスレターでした。
 彼女が映した場所は 辺野古ビーチ で、先程まで、ハルユキが好きそうな米軍機が飛翔しまくってたそうな☆彡
 そんな数日ぶりの黒雪姫からのビデオカメラのレターなんですが、そこへ若宮 恵が乱入してきて、黒雪姫が着用している白い帽子と上着のパーカ姿を勝手に脱がせてビキニ姿を披露する♪

 あまりにも綺麗な黒雪姫のビキニ姿に、ついテレまくりのハルユキ。
 つい、とってもお似合いです と正直に答えてしまう。
 黒雪姫も、ハルユキの正直な答えに「ありがとう❤」返答。
 しっかし、彼の視線は突如、黒雪姫の左わき腹付近にある傷跡へ向けられる。
 今ではかなり薄くなったが、陽射しがある中でのビキニ姿となると、古傷が見えるらしい。
 あれは、脱獄した荒谷が2人を車で轢き殺そうとした際、黒雪姫がポイント99%損失をしてまで、コマンドを発動してハルユキを助けた時の古傷 であった。
 あの時の事をつい思い出してしまうハルユキに、黒雪姫は 気にする必要はない と返答する。
 この傷は 彼女自身の唯一の勲章 で、生まれて初めて『戦う』だけでなく誰かを守る為に受けた傷&痛みであるし、この傷が彼女自身を支えてくれているのだと、愛おしそうに吐露する。
 それを聞いたハルユキは、もし能美の事を暴露したら、最初は叱るがすぐさま沖縄から東京に戻ると言い出すかもしれないと思い、この問題は自分で解決をするのだと気持ちを強く持つ。
 ボク、強くなります!
 いつか必ず、先輩を支えられるくらい、強くなります!!!

 そう答えるハルユキに、黒雪姫は キミを守る楽しみがなくなってしまうから、ゆっくりでいいぞ と優しく答えました。

 ―― と、ここまではアツアツ少年少女会話状態でありましたが……突如、黒雪姫はタクムから『妙なメール』が来た旨が伝えられる。
 能美の科目別得点を調べてほしいという案件で、彼女は生徒会のデータベースを調べて返信したそうな。
 まさかすぎるタクムの行動に、ハルユキは焦りまくりながらも「何でもない」と必死に誤魔化しました。
 おかげで、なんとか彼女に真意が伝えられずにすみました。

追記を表示

新たな力『心意』システム修得の為の崖登り開始!!!でも、あの姫とスカイレイカーは意外な関係だったんですね(>▽<) アクセルワールド 第16話『Imagination:面影』

 能見に飛行アビリティを奪われ、タクムともぶつかってしまったりと道を見失った感があるハルユキ。
 ある時、偶然対戦を申し込まれたアッシュローラーに誘われてやってきたのは、周りがまるでグランドキャニオンみたいな岩だらけの場所の中にある、天空に連なる巨大な岩柱の上にある住宅だった。
 リアル世界では、旧東京タワーに位置するそうですが。
 そこには、スカイレイカー という車椅子に座ったバーストリンカーが住んでいて、姿はまるで普通のお金持ちのお嬢様って雰囲気を漂わせてます。
 そして、この人物こそが アッシュの師匠 だそうな!!!
 彼女ならば、シルバークロウの奪われた翼を取り戻せる手助けができるんではないかと考えたそうで、

 そういう事で、アッシュローラーは、ここでご帰宅。
 アッシュいわく、飛行アビリティはなくなったからって即効で諦めてもいい代物じゃないとの事♪
 でも、アッシュローラーは、緑のレギオンに属する者。
 敵レギオンに属する自分を手助けするマネをするのは、少しマズイのでは……という当然の指摘がハルユキからきましたが、ここは好感度パラメーターを上げて黒のレギオンを裏切らせようという作戦だと、なんか聞いても一種のツンデレって感じにしか見えなかったのは俺だけでしょうか????
 しかも作戦というのはいいが、堂々とバラしたら意味ないっすよ、内容的にも。
 あと、だからって、アバンからモザイクやめい(>▽<)

 とりあえず、アッシュローラーはここでリアル世界に帰還。
 ハルユキは早速、スカイレイカーに自分の飛行アビリティーを取り戻せるかどうかを直球勝負の質問を行うけど、スカイレイカーはこれまた即効で「無理でしょうね」と断言しちゃいました(><)
 それは、デュエルアバターから何かが喪失されるという事は、喪失されなければならない理由があるから。
 彼女には、その理由に干渉する手立てはないしこの場で何をしようとも翼は戻らないそうでして、結局またもやふりだしに戻った感じでくじけそうになるハルユキ。
 でも、スカイレイカーはこう告げる―― 飛べないとは言ってませんよ!

追記を表示

史上最大の危機発生!シルバークロウの象徴が奪われ、親友との友情が崩壊…って、梶さんが主役とかやったらこの扱い付ッすか!! アクセルワールド 第15話『Destruction:崩壊』

 能美と対決する事になったハルユキ。
 彼が操るのは、ダスクテイカー という、不気味すぎる色と左腕の触手を持つレベル5のキャラ。
 しかしハルユキは、この名前には聞き覚えすらまったくない。
 それも当然で、能美は、今回のハルユキみたいに他人を罠に嵌めて脅迫し、戦わずしてBPを強奪していたのだ!!!
 能美本人は事実だと認定し、BPのほかに もう1つ預かるもの があると宣言してくる。
 それは、ハルユキが大切にしてるもの だという。

 とんでもない違和感満載の中、ついにデュエルスタート。
 能美のあまりにも理不尽かつ下劣なやり方に激怒するハルユキは、初っ端から押せ押せ状態で叩きのめしていき、ついにラスト一撃でハルユキ勝利のところまで迫っていた。
 ハルユキは、トドメの一撃として、飛行アビリティーを発動して飛翔してからの乾坤一擲の蹴りを行おうとするが、まるでそれを待ってたかの様に、能美は左腕の触手をシルバークロウの右足に絡めてくる。
 でも、ハルユキはまったく動じる事もなし―― なぜなら、今までも同じ様な戦術を取ってきた相手がいたそうで、このまま低空飛行で飛翔して地面に引きずりまくりながらライフを削る作戦を敢行し始める。
 しっかし、この作戦も能美に見破ってる様子で、地面に引きずってるところを右腕のペンチで左腕の触手を切断して回避。
 逆に、敵の行動による影響でバランスを崩してしまったハルユキは、墓場フィールドに潜んでる無数の骨の腕に捕縛されてしまい、そこに左腕を自動再生したダスクテイカーが、右腕のペンチと左腕の触手でシルバークロウをがんじがらめにして完全に身動きが取れなくさせてしまう。
 準備が整ったところで、能美は不敵な笑みを浮かべながら、唯一の必殺技を唱える。
 デモニック・コマンディア!
 ダスクテイカーの顔面部分から発せられた怪しい光が、シルバークロウの顔面部分に命中し、そこから何かを奪う様に取り出してダスクテイカーの中に吸収していく。
 突然の出来事に、驚くハルユキだけど、自分の体力や必殺技ゲージに減少した形跡は全然ない。
 効果が表われるまでタイムラグがあると踏んで、再び飛行アビリティーを発動させようとするのだが……そこでようやく、自分の身に起きた衝撃的な事態を強制的に把握してしまう。
 なんと、飛行アビリティーが発動不能 になってしまってたのだ!!!
 突如の飛行アビリティー発動不能に焦りまくるハルユキ。
 そんな彼を尻目に、能美は現実を教えてやろうとばかりに、驚愕の光景を見せ付ける。
 なんと、ダスクテイカーの背中から、悪魔の様な翼が生えてきた のだ!!!
 あなたの飛行アビリティー、いただきましたよ!!
 それが意味するのは、シルバークロウの翼が、卑劣なるダスクテイカーに強奪されてしまった事だった。

 翼を奪われた事で、焦りが非常に大きくなってしまうハルユキ。
 加速世界が誕生して以来、今まで純粋な飛行アビリティーを手にした者は、ハルユキが登場するまでは誰1人として出現する事がいなかったと告げてくれた黒雪姫の言葉―― それが、ハルユキにとっては『すべて』とも言えるものだった。
 だが今、下劣にして卑劣な能美の手により、それが強奪されてしまった!!!
 そして、飛行アビリティーを強奪した能美は、愕然とするハルユキを見下す様に自分の必殺技について語る。
 ダスクテイカーのデモニック・コマンディアは、相手の必殺技・アビリティー・強化外装から1つを強奪する事ができる上、ストック上限がある事以外は、永続的に効果があるというのだ( ̄口 ̄;)!!!
 それはつまり、今のままではシルバークロウに翼が戻る事はないという残酷すぎる事実を示しているのだ。
 あまりにも理不尽すぎる事実に、自分の翼を返す様にと激怒しながら直接攻撃をしてしまうハルユキ。
 そんな彼に、能美は軽く弾き返すと、毎週ポイント譲渡をすれば、ハルユキが卒業する日に返却すると嘯く。
 そして、今週分のポイントをいただくとばかりに、無抵抗のシルバークロウにトドメをさしてしまう――。

追記を表示

イエローレディオ以上の悪逆非道な新入生降臨。黒雪姫不在の驚天動地の心理と精神戦が開始されるって事か!! アクセルワールド 第14話『Arrestation:策略』

 能美は…バーストリンカーなのか!?
 とりあえずは、ピザを注文してタクムと一緒に食べながら直球勝負的な質問をするハルユキ。
 能美がバーストリンクした様な雰囲気がしたので、即座に自分もバーストリンクしてマッチングリストを調べてみたものの、リストには対戦相手の命名の記載も何もなかった。
 だからこそ、リアルの剣道で対戦したタクムに聞いてみようという気になったそうです。
 そこへ、母親のラザニアを作っておすそ分けをする為に、チユリが乱入。
 2人がピザを食べてるのを見て、前々からハルユキ個人で料理を作れる様になれと何度も忠告してるのにこのザマだとやはり思ってたみたいでして、母親にラザニアを作ってもらったそうな。
 図が高いと言ってるチユリだけど、中の人は料理作れるのかな【オイ!】
 それはともかく、タクムからしたら、涙が出るくらいに至福の喜びに満ち溢れておりますぞ☆彡

 ラザニアの味わいもなかなかで、タクムもつい、お店を開けばいいのに と絶賛。
 でも、チユリいわく、ダンナに食わせる以外は出力半分程度しか出さないとの事。
 だっけど、今回は、未来のチユリのお婿さん候補となるハルユキ&タクムの為に、ほぼ本気でやったみたいでして、チユリ自身もつい、ハルユキの足のスネに蹴りを入れて誤魔化すという荒業を披露しちゃいました(ToT)

 そういう訳で、今回から第2クールOP映像一新っす♪
 曲よりも映像が印象残ったわ(>▽<)
 映像内容は、明らかに 腐女子狙い としか思えないモンばっかだわ(笑
 アレやコレやソレやとあったり、アッシュとクロウのツーリングがあったりと、どう見てもって感じだぞ!!
 あと、今回のOP映像を見て思ったのは、第2期作る気マンマン だって意志が見れた事。
 一部アニメみたいに1クールの後半部分に映像変更ってオチもありえると思うが、能見を原作ノベルス以上の悪逆非道なキャラにして、原作展開プラスオリ展開にしていこうって感じかも??
 その上、超ネタバレ的要素がなかった から、この辺も原作クラッシュな展開にしていくつもりなんだろうかと妄想しちゃいました。

 EDは、リアルとアバターの黒雪姫の色じかけと嫉妬劇ってところかな【待て!】
 でも、これを見てみたら、未だ正体を見せぬ白の王の正体って、まさか……って思わせる映像でしたわ。
 曲以上に、そっちの方が印象残ったっす!!!

追記を表示

2クール目突入&中学2年生編スタート♪チユリもバーストリンカーになってしまい、これからもっと荒れそうだぞ、色んな意味で!! アクセルワールド 第13話『Violation:侵入』

 突如のチユリの攻め!
 ハルユキも戸惑い気味でありますが……実はこれ、チユリも加速世界の領域に突入する事を決意したからだ!!
 でも、ハルユキが長いケーブルを持ってなかった為に、チユリの短いケーブルで直結をする事になったそうで、チユリとハルユキはベッドの上に横になる態勢になっちゃいました。
 理由ですが、ハルユキとタクムがゲームで深刻ぶってるから、ゲームは楽しいものだと教える為 だそうな。
 当然ながら、タクムは、これはゲームであってゲームではないから、いつか後悔するかもしれないと、ハルユキも、凄い力が手に入るって軽い気持ちでやるものではないと、意思確認という名の警告を行う!!
 それでも、チユリの意思が揺らぐ事はなかったが……タクムからのコピーに失敗したら、ハルユキからのにするという少し安易に考えてる部分があるみたいで、タクムも、チユリがブレインバーストの影響で変わってしまうのが怖いと危惧する程です。
 それは、ハルユキも同じ不安を抱えてますが、それ以前に、インストール成功かどうかはまだ不明。
 そして、自分専用を持っているタクムのケーブルからチユリへ、ブレインバーストのファイルダウンロードが開始される。
 つまりそれって、チユリはタクムの『子』になるのか。
 でも失敗すれば、もう二度と―――!

 それからしばらくして、チユリが呟き出す。
 ようこそ、加速世界へ…。
 それは、チユリもバーストリンカーになってしまった証拠でもありました。


 そして時は流れ、中学2年になったハルユキたち。
 だが、その前日の夜、ハルユキは、クラス替えでの不安から壮絶な悪夢を見てしまう。
 教室にやってきたら、着席していた生徒全員の頭が すべて荒谷 になっていて、さらに黒雪姫までもが荒谷になっていた という、視聴者でも怖すぎるくらいの悪夢を。
 地獄から解放されて数ヶ月も経過しているというのに、未だに荒谷の悪夢を見続けているハルユキ。
 そんな折、外が強風吹き荒れる本降りになってる事もあって、眠れないチユリから音声通信が入る。
 どうやら、自分のホームサーバーを開放しておくから来てくれとのお誘いでして、ハルユキはすぐさま、ダイレクトリンクをしてチユリの領域へダイブしていきました。

 やってきたのは、いろんな色や形が満載の大量のクッションじご……いや天国のチユリのホーム。
 どうやら、進級祝いで メモリー増設 してもらったそうで、端から端まで15キロもあるという広大な世界にしたそうだ。
 それを聞いたハルユキは、自分も好きな趣味で弄らせてと求めるけど、当然、チユリはそれはお断り。
 まあ、こんなフワフワ感たっぷりの広大なフィールドを、血生臭い戦車や戦闘機で満載にされたらたまったモンじゃねえ~というのは非常にわかりますわ。

 そういうわけで、チユリはハルユキを押し倒して仰向けにしたところで、ハルユキのお腹を枕代わり♪
 今日の夜は悪夢を見るかもしれないから眠れなくなったと知っての行為。
 でも、ハルユキからしたら、悪夢を見ないとデュエルアバターが作られないし、アバターが心の傷に作用するがトラウマがないチユリは作用しないのではと思ってしまうが、さすがのチユリもトラウマはあった模様。
 小学校の遠足で、ハルユキがバス酔いを起こしチユリの膝の上に嘔吐ファイヤーを敢行……それは、映像化しないで大正解です。

 それはそうと、ハルユキが昔、チユリのところに宿泊しに来た時、ハルユキを枕代わりにしたらよく眠れたという事を思い出したみたいで、自分は頑張ってバーストリンカーになれたし、みんなで遊んだあの頃に戻れるよねと、深い眠りに入りながら呟いていく。
 そして自動的に、チユリのアバターはそのままリアルへと還っていきました。

追記を表示

黄の王の中の人は、またもや石田 彰さん(ToT)ファイブレインといい、まさかの元祖・悪役キャラ声優の復活っすか!? アクセルワールド 第11話『Obligation:宿命』

 チェリールークを追って現場へ飛翔していたハルユキたち。
 だが、彼らのそういう行動を妨害する様に、黄の王の軍勢が立ち塞ぐ!!!
 リアルの1秒はこちらの17分という事を考えると、待ち伏せをしてない限りは会う事すら不可能。
 それを意味するのは、今回の事件を仕組んだのが、この軍勢 という事を確証させるものだった!
 違うエリアの支配者である 黄の王イエローレディオ が率いる軍勢の!!
 ってか、中の人は、またもや石田 彰さんだよ♪
 ファイ・ブレインでも、新型レプリカを装着して本領発揮し始めてきましたし、今週と来週は、石田 彰ファンにはたまらない悪役と狂気ボイスがてんこ盛りなのは間違いないかもしれませんね☆彡


 しっかし、イエローレディオは、自分の配下を不可侵条約に反してポイント全損に追い込んだ赤のレギオンのどなたかに責任を取ってもらおうと出向いただけで、酷い言いがかりだと誤魔化しただけでなく、不可侵条約の中にある『条約違反による強制アンインストールが行われた場合、襲撃者のレギオンから誰でも1人を選び、同様の報いを与える事ができる』という部分を持ち出して、それがスカーレットレインだとは思わなかったと嘯いてくる。
 まあ、そんな事を述べようとも、ハルユキから見たら、この黄の王が災禍の鎧を隠し持っていて、自身がレベル10になる為の一環として、それをチェリールークに渡して赤の王を誘き出したのだと理解する。
 だがたとえ、ハルユキたちがそう結論に至ろうとも、証拠がない とばかりに、イエローレディオはシラを切りまくり。
 しかも、誰でも報いを与える事はできるが、レギオンマスター自らが違反者を裁き、ポイント全損に生じた場合はその限りにあらずという条約の一文があるけど、すでに敵は、スカーレットレインが実行に移したが失敗したという致命的情報を得ていて、違反者はいつ現れるのかわからないし、今すぐ処理できないのならば赤の王で間に合わせるしかないと、言葉巧みに追い込んでいく。
 仕方なく、リアルに戻ろうとハルユキは提案をするも、実はこの無制限中立フィールドは、即時ログアウトは不可能な上に、各箇所にあるリーブポイントに行くしかないというのだ(><)
 しかも、そのリーブポイントが一番近くにあるのは 池袋駅 または SC(サンシャインシティ) だというのだ!!
 どちらにしても、黄の王たちとの死闘は確定。
 だけど、敵からしたら、ブラックロータスの存在はイエローレディオにとって誤算みたいで、スカーレットレイン1人を狩る為に大所帯で攻め込んできたのだけど、彼女の存在はかなり厄介だと考えてると推測する赤の王。
 無論、それは的中みたいで、これから始まるカーニバルをおとなしく見物する様にと、イエローレディオはブラックロータスに求めるが、当然ながら、彼女はそんな要求に応じる訳がない。
 ところが、イエローレディオは、ブラックロータスへのプレゼントとばかりに、映像再生搭載の黄色のカードを発動。
 そこに映し出されたのは、かつて自分が先代・赤の王だったレッドライダーを討った時の模様 だった!!!

追記を表示

アブナイ妹系と姉系のハーレム展開が終わり、ようやく災禍の鎧との戦いに突入……と思いきや、まさかの者が黒幕だった!? アクセルワールド 第10話『Activation:出撃』

 先週は、こちらはユーロサッカー中継の影響でお休みだったんですが、MXとかの独立局や製作側も気を使っていただいたみたいで、まさかの一番遅いBS11よりもさらに4日遅れの非常事態というのがなくて一安心ってのが本音をつい吐露しちゃいました。
 本当に感謝感謝の一言っす♪


 さてさて、いっきなり姉と妹がいっぺんにできたって有頂天状態のハルユキ。
 そりゃあ確かに、ユニコの子供の笑顔と黒雪姫と一緒に登校という事になれば、有頂天になっちゃうのも無理はないっすが、当然の如く、そんな彼にユニコから頬を捻られてしまうのも当然っすよ。
 とりあえずは、今回の作戦の概要などについては彼女に任せるとして……ハルユキは黒雪姫に引っ張られる様にして、自宅の部屋を後にしていきました。

 有頂天になってるハルユキ。
 エスカレーターに乗って降下をしてる最中、黒雪姫が彼の制服のネクタイが曲がってる事に気付きまして、その場で彼のネクタイの調整を執り行うという、さらなる有頂天へと気持ちが昇華♪
 だが、エスカレーターが21階に差し掛かったその時、悪夢が待ってた!!!
 なんとその階から乗ろうとしてたチユリに、ダイレクト目撃 されたのだ( ̄口 ̄;)!!!
 当然ながら、一気に表情が青ざめ、心の中では絶叫する程の悲鳴を上げてしまったハルユキ でした――!


 見事に、チユリという虎の尻尾を踏んでもうたと、タクムにからかわれたハルユキ。
 どうやらあの後、タクムが登場してフォローしてくれたみたいで、なんとかチユリの逆鱗を抑える事には成功したものの、直後に自分だけが仲間はずれはイヤだとばかりに、ブレインバーストのコピーインストールを要望してきたのだ!!
 自分もバーストリンカーになると宣言してますが、ハルユキから見ても、ドンくさいから無理だそうな。
 でも、黒雪姫は、見解以前に チユリは 第一条件クリアー をしてるのか まったくわからないのでハルユキに聞いてみると、どうやらその条件に関しては、すでにクリアーしていると思う という。
 言うまでもないが、第一条件とは、生誕直後からニューロリンカーを装着してるかどうか である。
 第二条件である大脳反応速度は、VRゲームが苦手でもインストールできた者がいるくらい、厳密な基準はないそうな―― まあ、アバターを動かす回路とリアルな肉体を動かす回路は同一だそうで、ハルユキもリアルで身体をもう少し動かしましょうという事ですね。
 ただし、この次が 大きな問題 だった。
 確信なしに他人をバーストリンカーにするのは 大いなる賭け だというのだ。
 ブレインバーストのコピーライセンスは、成否に関わらず、わずか1回のみ に限定されているというのだ!!!
 だからこそ、親と子には強い絆が生まれるし、たとえば、タクムとチユリとでのブレインバーストのインストールが成功したら、おそらく強い関係が生まれる可能性もある。
 だが、それは必ずしもプラスの要素だけが存在するものではないと、黒雪姫はタクムに忠告する。
 それを聞いたハルユキは、その1回を自分に与えたのかと驚きを隠せなかったと同時に、何か思い出した様子だった。
 しっかしここで、昼休み終了のチャイムが鳴ってしまい、黒雪姫たちとの会話タイムはココで終了っす。

追記を表示

ラノベは8月に小説12巻が出るのに、アニメはまだ2巻分しかアニメ化されてないって事は、まさか9月終了後に第2期あり??? アクセルワールド 第9話『Escalation:激化』

 お昼休みの昼食中、屋上で自身のニューロイドでのグローバル接続での検索などの調査をしてるタクムのところに、黒雪姫が声をかけてくる。
 もっちろん、ボディーガード(兼マスコット???)のハルユキも一緒なんですが、すっかりタクムも、黒雪姫の事を マスター と呼んでおりますね(≧▽≦)
 これには黒雪姫当人も、常にそう呼ぶ必要はまったくないと指摘するも、タクムから見たら、それがしっくりくるそうな。

 タクムがグローバル接続での検索などの調査を行いながら、チユリが作ってくれたお弁当を食べてるそうで、今の季節では寒いのだから一緒に食べたらいいのにとハルユキが告げられるなり、今日は日差しが気持ちいいし、ハルユキ&黒雪姫みたいに、正々堂々と学校でラブれる関係じゃないから と、遠慮しつつもなかなかの毒舌を吐露。
 これには当然、ハルユキ&黒雪姫も、一緒に全面否定♪
 まあ、確かにハルユキも、たまには日差しを浴びてスッキリした方がいいという部分は同感っす☆彡
 それはそうと、黒雪姫&ハルユキから話があるって事で、タクムは屋上にやってきたそうな。
 すでにOP曲後の提供部分で、修羅場出まくりじゃん!!!


 話の内容は、2代目赤の王について。
 赤の王の真の目的がわからないまま、リアル世界にて、赤の王と黒の王との対面を進めてもいいのか!?
 それはタクムから見ても、まだまだデータが足りない との事。
 だけど、ハルユキに身元を露見しない場合、何をしようとしてたかについてのみ、大体の予想は見当付く という。
 ハルユキの性格から見て、3日も一緒に暮らしたら妹に情が沸くから、そこで自分がバーストリンカーだと暴露した後、自分は子供なので、頑張って貯めたポイントを先輩に無理やり強奪されっぱなしだから、自分のレギオンに来て自分を守ってほしいと、お兄ちゃんって単語で攻めまくる戦術だと、自分の考えを述べる。
 当然ながら、黒雪姫は、見え透いた嘘 と見破るけど、ハルユキは目から涙流しまくり(><)
 やっぱり自分も超絶虐められっ子だった経験があったので、おそらく彼は、一瞬だけ他のレギオンに移籍して、妹を助けて戻ってこようというカッコイイマネをしそうになったかもしれないっすね。
 でも、黒雪姫の話では、それは不可能だという。
 なぜならば、他のレギオンへの移籍は 元にいたレギオンへの裏切り行為 とみなされ、レギオンマスターだけに与えられた生殺与奪権発動の 弾劾の一撃“ジャッジメントブロー”という 処刑の為の一撃 が炸裂するという。
 それを受けたレギオンメンバーは、即座にポイントゼロ&加速世界からの永久追放決定!!
 たとえ、ほんの一時ですら、ハルユキが赤の王のところに参加したら、その瞬間に、シルバークロウの生殺与奪権が赤の王に移譲する事になり、ハルユキは赤の王からジャッジメントブローの脅迫を受けた状態で、彼に何かをさせるつもりのは必至。
 でも、その目論みも、ハルユキに気付かれた為に破綻したので、今度は黒雪姫とリアルに出会い、取引を申し出たという作戦に変更したかもしれない。
 今、考えられる策というのを、自分の推論で語るタクム。
 それを聞いた黒雪姫は、話ぐらいは聞くと言い出し、本日午後4時にハルユキの自宅のリビングにて執り行う様、ハルユキを経由して赤の王に伝言送信する様に通達しました。
 この時点ですら、修羅場確定 じゃないか(>_<)

追記を表示

ハルユキの元にやってきた小学5年生の女の子♪だけど、美しい薔薇には棘があるが如く、大量爆撃の嵐がありましたとさ。アクセルワールド 第8話『Temptation:誘惑』

 いっきなり、アバンから流血展開 を繰り広げる、ブタアバターのハルユキ。
 しかも内容も、巨砲な拳銃の弾丸をこの状態でかわしていくという、かなり荒々しすぎるもの。
 どうやらこれ、自分がもっと早く&強くなる為の特訓 でして、あまりの拳銃の弾丸の速さに、ブタアバターのハルユキの右耳は流血&負傷をしてしまう。
 もちろん、リアルでケガをしてないので支障はほぼないみたいですが、痛覚はかなりリアルであります!!
 あの人のパートナーであり続ける為に!!!


 そもそも、ハルユキがこういう荒々しすぎる特訓をしてるのは、ある一戦からだった。
 今度の土曜に 領土戦 という、毎週この曜日の夕方に設けられているレギオンによるエリアの支配権をかけた死闘が開催されまして、その戦いも、レベル不要の同数対決で平均勝率50%を維持しなければならないというシビアかつハードな戦いで領土が決定するというのだ。
 その為に向けての、タクム・黒雪姫・ハルユキの3人でブレインバーストの戦いを行っていたが、必勝パターンの一角として、タクムたちがしんがりを勤めてる間に、ハルユキが上空から一気に敵のフットフォールドを潰そうとするが、途中の林に潜んでいた狙撃手バーストリンカーに狙撃されてしまい、片翼を撃ち抜かれて破壊されるという不覚をとったのだ。
 狙撃手からしたら、飛行タイプの特性に慣れたら、狙いやすい的にすぎない という。

 そんな不覚を取られたハルユキは、同じ失態を犯さない様に&今後の対空射撃に対抗できる速度を得ようと、こういう荒々しすぎる特訓を行うのですが、やはり上限の痛覚ダメージがリアルに受けてしまうというムチャすぎるアプリや違法パッチをあててまでのやり方には、かなり焦ってるのがありありと伝わってます。
 その為、拳銃の特訓の最中、あまりの激痛に、強制リンクアウトしてリアルに戻ってしまいました。
 しかも、便器の上から転落してしまっては悲鳴を上げてしまい、偶然ながら通りかかったチユリに発見されてしまう。

 夕方頃、タクム&チユリと一緒に下校をするハルユキ。
 最初の頃は、飛行発動=無敵だったのが、レベル4になってからは停滞気味&ネガ・ネビュラスの領土拡大も全然進行してないという苦境に陥っているのも要因の1つになってるみたいで、このままでは、飛行能力を封じられたシルバークロウは、ただの打たれ弱い近接戦闘型でしかないのも当然の結果です!!!
 焦るハルユキに、タクムは焦らずにゆっくりととアドバイス。
 でも、ハルユキとタクムの今の会話を聞いて、かなり面白くないのがチユリ。
 バラバラだった3人が、子供の頃みたいに一緒に登下校できる様になったにも関わらず、自分そっちのけでブレインバーストについての会話ばかりで、かなりご機嫌斜め状態であります。
 そんな彼女のご機嫌取りの為に、レベルの高いアイスを求められる2人。
 こりゃあ、いろんな意味で大変そうっすね、資金も含めて(ToT)

追記を表示

ハルユキの運命を賭けると言っても過言じゃないタッグデュエル開始。そして、黒雪姫との邂逅により、タクムの運命も変貌する!! アクセルワールド 第7話『Restoration:修復』

 学校での噂話を聞いたチユリは、急いで彼が通う中学校の剣道部へ向かい事実を聞く。
 理由は最後まで言わなかったが、自分には他にやらなければならない事がある という言葉だけを言い残して退部したそうで、これを聞いたチユリは驚きを隠せなかった。

 そのタクムは、黒雪姫に呼ばれて病室にやってきたが、突如、彼女の方からバーストリンクされて、加速世界にてブラックロータスと対峙するという状況に陥っていた!!!
 無論、あまりにも突如の事態に困惑気味のタクムだが、黒雪姫は 始めようか!という一言で、タクムのシアンパイルとバトルする気全開であります!
 挑まれた戦いは全力で応じるという彼女。
 もはやというよりは、前々からの約束どおりという形で、逃れられない状況になってしまいました。


 同じ頃、バウンサーであるアクアカレントと出会い、直結をしたハルユキ。
 まあ、彼の事を完全に信じた訳ではないそうで、2つの可能性で警戒している という。
 1つは、自分をリアル割りする為に意図的にぶつかってきた 食わせ者 である事。
 もう1つは、単なるおっちょこちょい である事。
 まあ、明らかに 後者タイプ なのは語る必要すらないのですがが、どうやらシルバークロウの知名度は、ここ2週間で勝率7割以上を稼ぎ出してるという成績情報を含めて、ほかのバーストリンカーにも知れ渡ってる程に有名アバターになってまして、そんな有名アバターが危機的状況に陥ってる時点で怪しいと感じているのだ。
 そんな訳で、自分のおっちょこちょいのせいで、308ポイントあった状態でレベルアップ申請をしてしまったせいで危機的状況に陥ってる旨の説明をしまして、出逢ってからのハルユキの簡単な特徴を自分なりに把握したアクアカレントは、なんとか信じてくれた様子です。

 自己紹介を終えたところで、コンビを組む範囲は、ハルユキのポイントが50ポイントに回復するまで。
 早速、千代田エリア戦でのタッグ戦申請を行いまして、そこで50ポイントに満たない場合は、隣の秋葉原エリアに範囲を広げてバトルを行っていくそうです!!!
 とりあえずは、申請を行っていくのですが……先程の胸触りの件を未だに気にしてて、謝罪すべきかどうか迷うが、だからって、胸の感触があまりなかったとかいう暴言は失礼すぎるぞ(ToT)
 おかげで、直結状態そのままだから、ハルユキの声はストレートに聞こえまくりです!!!

 申請を一応終了し、2人ともバーストリンクで加速世界へ移動。
 アクアカレントことカレンのアバター姿は、メガネのハムスター。
 アバターになってから早速、触ってた事を指摘されて土下座しまくりのハルユキ。
 カレンいわく、直結した時に思考を制御しておいた方がいい との事!!!!
 そういう指摘を受けた後、カレンは対戦タッグ相手を詮索。
 でも、彼女が勝手に決定した相手は、レベル3&4の猛者。
 どうやらこれは、相手タッグとのレベル合計差が3以上あれば、たとえ敗北してもポイント全損を免れるという性質を利用したマッチメイクでして、カレンはこの性質を利用してわざとレベルアップをしてないというのだ。
 でも、これは理由の半分だけ。
 あとの半分については、いつかで教える時が来るとの事。

 ハルユキとカレンが戦うのは、レベル3のサンドダクト&レベル4のニッケルドール。
 ポイントに余裕があり、真っ向勝負を仕掛けてくるみたいで、普段どおり実力発揮すれば勝てるとの事!!
 これを知ったハルユキは、この人は自分の事をそこまで考えて相手を選び知ってくれているのだと驚きの表情を浮かべる。
 そして最終確認として……この戦いは負けられないけど、大切なのは勝つ事よりも、と語るカレン。
 でも、ハルユキは、楽しむ事 と告げる。
 まあこれは、ブレインバーストの『親』である黒雪姫の言葉でありますがね(>▽<)
 だけど、それを聞いたカレンは、少し呆れてる様子でした――。

追記を表示

初々しすぎるハルユキがやってもうた痛恨のミス!これは普通にレベルアップするのが命がけって感じになってもうたっす!! アクセルワールド 第6話『Retribution:応報』

 ハルユキは、学校の運動部で100メートル走をしていたチユリの姿を見かける。
 でも、当のチユリはといえば、なぜかハルユキを見向きもせず。

 同じ頃、シアンパイルは、組織からの自由になる為、ブルーナイトの配下である青い侍型のバーストリンカー・コバル&マーガに戦いを挑んでくる。
 しかし、この戦いは、勝ち目すらなしの一戦。
 それでも立ち上がるシアンパイルの姿に、見ていたブルーナイトは眼前に立つ。
 シアンパイルは、自分を自由にする様にとは言わないがしばらく時間をくれと求めまして、ブルーナイトも、断罪を免じる代わりに捨て置く様に命令を下すのでありました!!!
 形式上では脱退って感じですが、弱みを突く感じで裏切る様な行為をさせたりするかも???


 夕方、まだ入院中の黒雪姫は、書記の若宮 恵に髪の手入れをさせてました。
 恵自身も、ポニテではなくて三つ編みにした方がいいと指摘しますが、黒雪姫自身はポニテでいいという。
 そして、彼女を含めた生徒会の面々に対しての指示も、彼女を通じて送信し終え、あとは……ってところへ、ハルユキがお見舞いに参上しまして、先程までの仕事ができる態度から一転、少しデレ展開に(≧▽≦)
 恵も即時に感づいたみたいで、2人の邪魔をしてはマズイとばかりにすぐに退却しちゃいました♪

 黒雪姫も、一時は意識不明の重体から脱し身体の方も回復している状態であるが、病院側はかなり慎重に行ってる上に、彼女から病院側に味の改善を何度も求めても改善の兆しすらなしと不満気味っす。
 しかも髪型の事に関しても、ハルユキが好きな髪形を意識してのポニテみたいで、もうなんて言ったらいいのか本当にわからなくなるくらいに初々しいってって光景が展開しまくりです。
 最後は、まるで無理強いしているではないかと誤解しちゃってる黒雪姫の言葉に、似合ってますよと言いながらも謝罪という、なんかハルユキらしいと言えばそれまでって感じですよ(●^o^●)
 もちろんラストは、黒雪姫から 謝るな!と注意されるし。

追記を表示

タクムのシアンパイルvs.ハルユキのシルバークロウの親友対決!!そしてついに、あの人の真の姿が露わに晒される!!! アクセルワールド 第5話『Aviation:飛翔』

 バーストリンク!
 間に合えェーーーー!!!

 ハルユキの必死の願いを込めた、デュエルスイッチ。
 そのかいもあって、なんとかシアンパイルがブラックロータスに迫る前に、シアンパイルとシルバークロウの一戦に持ち込む事には成功できました。
 そう、タクムとハルユキの親友同士の対決 に――!!!

 目の前にいるシアンパイルがタクムという現実に驚きを隠せないハルユキ。
 タクム自身も、ハルユキもバーストリンカーになってた事以上に、昨晩のチユリとハルユキの直結をバックドア経由で覗き見しながら、彼がカレシでもないのに勝手にチユリのメモリを詮索したのが気に喰わなかったと、冷静でいられなかった心境を吐露する。
 自分の事を考えながらチユリの身体を触った感想はどうだったとか、チユリは昔から自分に手を引かれてるよりもハルユキの面倒を見ながら世話をするのがとっても楽しそうだったとか……とにかく、リアル世界で対面しているタクムとはとても思えない、超アブナイ系をぶちかましまくってます。
 だからこそ、チユリがタクムを選んでくれた時は、ようやく現実的な判断を下してくれたと嬉しかったという。
 それも、かなりハルユキをクソを見る様な目で本音をボロボロ言いまくる彼の本音に、チユリは悩んでたし苦しんでたんだと必死に怒りが募るハルユキ。
 それに、タクムが得た学年1位も都大会優勝も、ブレインバーストの加速の力だと指摘しても、タクムは「加速はボクの力だ!」と猛反論する。
 どうやら彼は、1年前に剣道部の主将である女性から誘われてバーストリンカーになったそうで、しかもその彼女は『青の王』の側近という立場から、親衛隊の候補生として期待されてるのだという。
 だからこそ、ハルユキもバーストリンカーになった事、自分と対等になった事が気に喰わない様子。
 あまりにも身勝手すぎるタクムの言葉に、大馬鹿野郎だ!と怒るハルユキ。
 もちろん、タクムには、ハルユキが持ってないものを多く持っているのは事実だけど、それでも間違っているし、昔からどんなゲームにも負けていた彼に自分には勝てないと断言する。
 それを聞いたタクムは、最後のプライドもなくすのだと先制攻撃を仕掛けてくる。

 でも、シアンパイルの速さは、アッシュローラーのバイクと比べたら雲低の差というくらい遅い。
 なんなく、シアンパイルのパンチをかわしてこのまま……と思ったら、シアンパイルの右腕のパイルバンカーが炸裂し早速、シルバークロウの左腕を真っ二つに切断。
 それでもハルユキは、痛みに耐えながらもエレベーターになんとか乗り切り、屋上部分に到着。
 そこは、世紀末ステージとはまったく違う異様な光景で、しかも他のバーストリンカーもこの場に集結している。
 どうやら、タクムがグローバル接続をして呼び寄せたらしい。
 そして、ハルユキから少し遅れて、タクムもエレベーターに乗って屋上へ到着してしまう。
 恐れるな、やるしかないんだ!!
 不安はあるけど、自分が負けたら黒雪姫が狙われるのは必至。
 彼女を守りきる為に、ハルユキは覚悟を決めてタクムと戦う決意を固める。

追記を表示

バックドア判明後もまだまだ続く、まさかのアツアツ展開♪そして……やっぱり規制ですわな、あれは!!! アクセルワールド 第4話『Declaration:告白』

 チユリの疑惑を晴らす為に、彼女のニューロリンカーを調べまくるハルユキ。
 そこで知ったのは、バックドアの存在 だった!
 チユリのニューロリンカーの中に、バックドアが仕掛けられていた事に驚愕するハルユキは、すぐにでも削除しようとするが、ここでもしそれを実行すれば、今もバックドアを仕掛け見ている可能性がある犯人に異変を察知されてしまうのは必至。
 そこでハルユキは、犯人を突き止める&バレた事を犯人に悟られない為に、あえて削除にクリックするのをやめた。

 そんな事よりも、今この瞬間がとてもデンジャラスな展開です!!!
 黒雪姫にハルユキを変える力があるんなら、もう自分は言わないけど……それでも、ハルユキが黒雪姫の子分みたいな態度をとるのだけは我慢ならないみたいでして、なるんだったら、黒雪姫の恋人になって生徒たちを驚かせてと、励ましというよりは彼女なりの切ない決断を感じさせるかの様な、今にも泣きそうなくらいの表情で語りかけるのでした。
 これには、ハルユキも笑顔を見せて答えるけど、こちらも少しばかり辛そうな感じが漂ってます。
 同時に、バックドアを仕掛けた犯人に気付かれない様に、そのツールをそのままにして直結を解除&コードを抜きました。

 目的のコトは終了し、ハルユキはこのまま帰宅の途につきはじめる。
 だがここで、今夜はチユリの母親は不在 というオイオイ展開が発生。
 なんと、容赦なくハルユキを無理やり押し倒してきたのだ。
 いや、それだけならよかったが、なぜか黒雪姫も登場。
 こちらもなぜか、アバターの服装を脱ぎ始めておりますぞーーーー!!!!
 ハルユキくん、大丈夫だ。
 一緒にイこう、遥かなる高みへ――!!!!

 まさかのオイシすぎるダブルボディーに、純情すぎるハルユキは悲鳴を上げてしまう!

 言うまでもなく、夢でありますがね。
 でも、自分にはあまりにも不具合過ぎるエロい夢を見てしまったハルユキは、なぜか罪悪感を感じまくる。
 こんな夢を見てしまったのは、チユリと直結してしまったからだ と、朝の通学路のど真ん中で嘆いてしまう程です。
 そんな彼に、黒雪姫が、背後から元気よい挨拶の声をかけてくる。
 思わず、慌てふためいてしまいましたが、とりあえずは「おはようございます!」と挨拶を行う。
 黒雪姫は、昨日はちょっと大人気なかった とかなり言いにくそうな感じで謝罪する。
 だが、ハルユキもつい「すいませんでした!」と、昨日の夢の事について謝罪返しを行ってしまう。
 もちろん、ハルユキが見た夢の意味を知らない黒雪姫。
 だけど、彼の友達を疑わせた上にあまりにもムチャぶり過ぎる要求を頼んで申し訳なかったと2度目の謝罪を実行する彼女に対して、ハルユキは平然とした表情で「やりましたよ、直結」と、大胆報告を敢行。
 これを聞いた黒雪姫は、体が固まる程の驚愕ぶりを披露。
 何を思ったのか――― なんと、どこでやったとか、ケーブルの長さはとか、とにかく謎の事情聴取を敢行!
 しかも、ハルユキが彼女の質問に答えるたびに、なぜか早歩きに(><)
 そしてトドメは、長さが10センチ だと答えた後、全力疾走みたいな早歩きで学校の敷地内へ入ってしまいました。
 おかげで、昨日の事の報告すらまったくで傷じまいになってしまいました。

追記を表示

Appendix

ブロとも申請フォーム

  1. 無料アクセス解析

この人とブロともになる

●つぃった~やってます。  リートで始める投資信託

プロフィール

シュージロー

Author:シュージロー
お世話になりま~す(^^♪
多種情報・プライベート記事・爆弾発言を書き込んだりする事もありますが、何とか炎上しない様に気をつけていきます。
トラバができなかった時は、コメントのURL欄にトラバするURLを入れてから、簡単なコメントを記入していただければ、トラバの代わりになりますので、いやからせ以外でしたらどんどんお願いします。
それから、主な更新情報がわかる様に、TOPページの一番上に書き込んでおきましたので、参考程度に見てください。

●できればポチッと一押ししていだければ励みになります!! にほんブログ村 アニメブログへ blogram投票ボタン
無料ウィジェット

ジオターゲティング

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

タグリスト

ジョジョの奇妙な冒険 フェアリーテイル DD北斗の拳 イチゴ味 おそ松さん 暗闇三太 Steins;Gate みんな集まれ!ファルコム学園 ソードアート・オンライン pupa ソウルイーター アイドルマスター ペルソナ4 ダンガンロンパ たまこまーけっと 神のみぞ知るセカイ デビルサバイバー よんでますよ、アザゼルさん。 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕は友達が少ない みなみけ 生徒会の一存 俺の妹がこんなに可愛いはずがない サイコパス BTOOOM! ハヤテ そらのおとしもの ロボティクス・ノーツ ソードアートオンライン ロボティックス・ノーツ 夏色キセキ もやしもん アクセルワールド ゆるゆり 人類は衰退しました 咲-Saki- つり球 ZETMAN これはゾンビですか? 坂道のアポロン ギルティクラウン 未来日記 妖狐×僕SS あの夏で待ってる ミルキィホームズ 日常 UN-GO たまゆら うさぎドロップ 逆境無頼カイジ NO.6 NO.6 セイクリッドセブン Dororonえん魔くんメ~ラめら 青の祓魔師 いつか天魔の黒ウサギ GOSICK-ゴシック- 戦国乙女-桃色パラドックス- デッドマン・ワンダーランド 放浪息子 輝きのタクト テガミバチ パンティ&ストッキングwithガーターベルト 荒川アンダーザブリッジ 赤い約束 君に届け 黒執事 裏切りは僕の名前を知っている けいおん セキレイ 世紀末オカルト学院 ストライクウィッチーズ 戦国BASARA 東京マグニチュード8.0 真・恋姫†無双 鋼の錬金術師 Angel Beats! おおきく振りかぶって おまもりひまり はなまる幼稚園 天外魔境 マクロスF 夏のあらし はじめの一歩 バスカッシュ! うみものがたり かなめも 大正野球娘。 宇宙をかける少女 東のエデン とらドラ! ドルアーガの塔 CLANNAD 地獄少女 ガンダムOO 夜桜四重奏 かんなぎ 今日の5の2 西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ スレイヤーズ 隠の王 狂乱家族日記 空の軌跡 コードギアス反逆のルルージュ 図書館戦争 Zwei xxxHOLiC ゴルゴ13 絶チル レンタルマギカ GIF 天使の詩 墓場鬼太郎 天元突破グレンラガン ダブルキャスト 結界師 獣神演武 イースオリジン スクールデイズ カイジ 初音ミク 流行り神 坂本真綾 ロードス カルマエンド 

お薦めサイトです☆彡

自分自身がお薦めのサイトです!! この欄のほぼ全部のバナーにクリックせずに当てると、管理人が書いた説明メッセージが出てきます。

アクセストレードレビューが開設しました!小遣いをゲットしたいと思いの方はクリック! 3000P(300円)ゲットしたら換金可能です☆彡意外と簡単にできますので、頑張ってくださいね☆彡 Amazonet Aブロメンバー 日本初のコンテスト付ブログ広告サービスサイトです!!コンテストで上位になれば、多くの賞金ゲット!!!しかも、依頼金額もけっこう高めです!!!! 日本初のコンテスト付ブログ広告サービスサイトです!!コンテストで上位になれば、多くの賞金ゲット!!!しかも、依頼金額もけっこう高めです!!!! 登録後にブログを書けば500円分のポイントゲット!!!1500円分溜まれば、換金可能になるし、ブログがなくてもマイルームから直接書く事だってできるんです!!!  みんなが気になるあなたのブログ『レビューブログ』
新規モニター登録


フルーツメール
ポケマNet

最近のコメント

最近のトラックバック

QRコードですぞ~!!!!

QRコード

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

一般ニュースで~す☆彡

FC2アフィリエイト

FC2レンタルサーバー

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索

FC2カウンター

現在の閲覧者数: